蜂蜜酒』というと、皆さんはどのようなお酒をイメージされますか?

ワインに蜂蜜を溶かしたカクテルのようなもの?あるいは、ウォッカを蜂蜜で味付けしたポーランド名物?

『蜂蜜酒』は、水と蜂蜜を混ぜ合わせ、自然発酵させて作ったお酒であり、その歴史は紀元前にまでさかのぼります。
古代においては、あのクレオパトラも愛飲したといわれ、欧米では、婚礼の夜、子孫繁栄を願って新婦が新郎に振る舞ったことから「ハネムーン(蜜月)」の語原にもなりました。
日本ではあまり知られていませんが、欧米では食前酒やデザート酒として広く親しまれ、近年では『ハリー・ポッター』などのファンタジー小説でも「魔法のお酒」として登場します。
蜂蜜酒は、ワインやビールより古い歴史のある、縁起のいいお酒なのです。

ポーランドの蜂蜜酒「Miód Pitny(ミュウト・ピトヌィ)」の歴史は1000年以上も前にさかのぼります。
北方に住むスラブ民族がワインの代替として積極的に蜂蜜を醸造したのがはじまりです。ポーランドでは厳しい気候ゆえに、ワインに適した葡萄が育ちにくいのです。

しかし、蜂蜜酒の醸造には、デリケートな環境と複雑なプロセスを必要とすることから、大量生産は難しく、「祝福された黄金の酒」として王侯貴族の間で愛飲されました。

17世紀に入り、森林の開拓が進むと、『Bartnik(バルトニク)』と呼ばれる野性の蜂飼いを中心に各地で盛んに養蜂業が営まれ、庶民の間でも蜂蜜酒の醸造が盛んに行われるようになりました。
今でもポーランドの郊外に行くと、民家の庭先に手作りのミツバチ小屋をたくさん見ることができます。

ポーランドの蜂蜜酒『Miód Pitny(ミュウト・ピトヌィ)』は、18世紀から20世紀の激動の時代を経て、国を代表する伝統産業として広く受け継がれています。
その濃厚かつ芳醇な味わいは世界に類を見ず、ポーランドの豊かな食文化の結晶とも言えましょう。
琥珀色に輝く、甘く美しいMiód Pitny(ミュウト・ピトヌィ)。
ポーランドならではのクラシックなボトルと、王侯貴族も愛した香り高い味わいを、ぜひ日本のご家庭でお楽しみ下さい!

蜂蜜酒の楽しみ方

ポーランドの蜂蜜酒をより美味しくいただく為に、いろんな飲み方を紹介しています。
ストレート、ロック、ホット、カクテル、調味酒など、季節や目的に応じて楽しんでくださいね。
初めての方は、こちらも参考にどうぞ。
蜂蜜酒の「よくある質問」 ~味の特徴、保存方法など~

APISについて

当サイトはAPIS社Trade部門より商品画像、ロゴ使用について許可を頂いています。

Apis(アピス)は、ポーランドの伝統的な蜂蜜酒作りの手法を受け継ぎ、1932年、ルブリンに設立されました。
現在では世界最大の工業生産ラインを誇り、EU諸国はもちろん、アメリカ、アジアにも進出、その市場をグローバルに広げつつあります。
2002年には環境マネンジメントの国際規格ISO9001:2001、食品安全手法HACCPを取得、2009年にはEUが定めるTraditional speciality guaranteed(伝統的特産品保護)に指定されています。
(例:シャンパーニュ地方の「シャンパン」、ゴルゴンゾーラ地方の「ゴルゴンゾーラ」など。

会社情報

Spółdzielnia Pszczelarska APIS w Lublinie
ul. Diamentowa 23, 20-471 Lublin
電話(英語・ポーランド語)
+(48) 81 744 29 42
+(48) 81 745 68 00
http://apis.pl/
Mail: info@apis.pl

京都はちみつ専門店 ミール・ミィ

日本での販売は、京都はちみつ専門店『ミール・ミィ』(三条河原町)が取り扱っております。
通販、業務用卸、蜂蜜酒の講演会など、お気軽にお問い合わせ下さい。

〒 604-8083 京都市中京区 三条通富小路西入中之町 21電話 075-221-6638
http://miel-mie.com
info@miel-mie.com

所在地

お問い合わせ

商品に関するご意見・ご質問があればお気軽にお問い合わせ下さい。