一口に「蜂蜜酒」と言っても、飲んだことのない方にはイメージが湧きにくいですよね。「甘い」といってもどれぐらい甘いのか、「スパイシーな味わい」とはどんな刺激なのか。

また、どれぐらい日持ちするのか、要冷蔵なのか、様々な疑問があると思います。

そこで、蜂蜜酒の「よくある質問」をQ&A方式にしてまとめました。
参考にどうぞ。

Apisの蜂蜜酒は、酸化防止剤、香料、着色料は一切使用しておりません。

Q. ポーランドの蜂蜜酒は、どれぐらい甘いのですか?

たとえば、高濃度タイプのPółtorak(プウトラク)は、1リットルの水に対し710グラムものハチミツが使われています。
単純に計算すれば、カップ一杯の7割がハチミツで占められる量です。

が、実際には、その状態から蜂蜜を発酵させ、お酒を醸造しますので、そこまで強烈な甘さにはなりません。

あくまでエージェントの主観になりますが、Półtorakの甘さを紅茶にたとえれば、200ml入りのマグカップに大さじ3杯強のハチミツを加えた感じです。

中国の果実酒、「杏露酒」や「桂花陳酒」を飲んだことのある方なら、あれよりもう少しトロリとして甘味が強い、と言えばイメージしていただけるのではないでしょうか。

中濃タイプのDwójniak(ドゥヴイニャク) は、これより少し軽い感じ。そこまで大差はありません。

あっさり系のTrójniak(トゥルイニャク)になると、かなり軽くなります。イメージとしては、梅酒の甘さに似ています。Półtorakの好きな方なら「あれ??」と拍子抜けみたいに感じるかもしれません。

なかなか商品のイメージがつかみにくい方は、ミニボトル3点セットからお試しくださいね。


クルピオフスキ ショット ストレート

Q. 開栓後、どれくらい持ちますか?

「せっかく購入したのに、甘すぎて飲みきれない」という方もあると思います。
そんな場合は、冷たいミードをお試しください。

冷蔵庫で冷やすだけでもずいぶん違います。

大きめのロックグラスにアイスをたっぷり入れて蜂蜜酒を注ぎ、レモンやミントを添えても美味しいです。少しずつ氷が溶け出すことで甘みも薄まり、とても飲みやすくなりますよ。
もう少し味に変化が欲しい場合は、果汁100%のオレンジジュースやパイナップルジュースをちょっと加えてみてください。カクテル風の味わいになります。

アイスクリームやケーキのトッピングにしても美味しいですよ。
いろいろ試してみて下さいね。

カクテルレシピはこちら

蜂蜜酒 オンザロック
ヤドヴィガ アイスクリーム

ホットミードもおすすめ!

冬場でしたら、ホットミードがおすすめです。

手頃な片手鍋に適量の蜂蜜酒を注ぎ、少量の「クローブ」「シナモン」を加えて、弱火で50~55度ぐらいに加熱します。

ほんのり香りが立てば出来上がり。好みで少量のレモン果汁を加えても美味しいですよ。
お湯割りやミルク割りもおすすめ。

蜂蜜酒 ミルク割り
ホットミード

こちらはApis直販のホットミード・セット。
蜂蜜酒を注ぎ、クローブとシナモンを浮かべ、キャンドルに火を灯して温めるだけ。15分ぐらいで適温(人肌よりちょっと温かいぐらい)になります。
ハチミツとスパイスのほのかな香りが広がり、キャンドルの癒し効果もありますよ。『ミール・ミィ』販売ページはこちら。


調味酒に使ってみる

飲み残しの蜂蜜酒は調味酒として活用できます。

純和風の煮物(肉じゃが、ぶり大根、おでん等)にはちょっとクセが強すぎますが、「トマト料理」「醤油ベースの炒め物、揚げ物」「中華」との相性は抜群。

トマト料理の場合、赤ワインの代替として、醤油ベースの炒め物や揚げ物、中華には「日本酒+砂糖」の代替として使ってみてください。

独特のコクと甘味が付いて、いつもの料理がちょっと違った風味になりますよ。


蜂蜜酒は糖度が高いため、開栓後もほとんど風味や品質が変わらず、室温での長期保存が可能です。
テーブルやキッチンストッカ1~2ヶ月ぐらい置いても、味が落ちたり、腐敗することはないです。
かといって、添加物が多量に使われているわけではなく、蜂蜜酒に含まれる高い糖分とアルコール成分が品質と風味をしっかりガードし、砂糖漬けのショウガや柑橘類のように長持ちするのですす。(Apisの蜂蜜酒は酸化防止剤を使用していません

同じように糖度の高いジャムやハチミツが開栓後一ヶ月以上経っても風味や品質が変わらないのと同じです。
蜂蜜酒もそれと同じで、しっかりコルクで栓をし、ボトルの口を清潔に保ち、直射日光の当たらない場所で保存すれば、1~2ヶ月は安心して賞味できます。

冷蔵庫も飛行機もなかった時代、ポーランドの貿易商人は、Miód Pitny(ミュウト・ピトヌィ)を西欧諸国の王侯貴族に上納するため、馬車や船で何ヶ月も旅していました。常温で保存の利くお酒だからこそ世界に広く浸透したのです。

ワインやビールと異なり、常温で長期保存ができて、いつでも気軽に一杯ひっかけられるのがMiód Pitnyの大きな魅力です。

Q. 蜂蜜酒は美容と健康に利きますか?

一般に、ハチミツと言えば、ミネラルが豊富で栄養価が高く、美容と健康によい食品と言われています。

蜂蜜酒の場合、ハチミツを発酵させて醸造するので、ハチミツがそのまま溶け込んでいるわけではありませんが、焼酎や日本酒、ビール、ウイスキーといった一般的なアルコール飲料と異なり、お腹にやさしく、飲み過ぎないという利点はあります。

体験的なメリットをいくつかあげます。

(1) 糖度が高いため、飲み過ぎることがない(満腹感を感じやすい)

ビールやチューハイの場合、大ジョッキで一気飲み、お代わり3~4杯、日本酒でも気がつけば二合、三合と進んで、あっという間に飲み過ぎるケースが大半ではないでしょうか。

蜂蜜酒の場合、非常に糖度が高い為、大ジョッキで一気飲みはあり得ません。
よほどの甘党でもない限り、ショットグラスに2~3杯が限界です。

ロックやカクテルにしても、強い甘味から満腹感を得るのが早く、大量に飲むのは難しいです。ビールや酎ハイの場合、750mlの大瓶でも、あっという間に飲めますが。

「飲み過ぎない」はカロリー制限に大事ですし、アルコールを控えめにするよう指導されている方にも最適だと思います。
そういう意味で、「身体にやさしいお酒」といえるでしょう。

(2) 糖度が高いため、食べ過ぎることがない

ビアホールや居酒屋に行くと、ビールやワインの肴に、こてこての天ぷらや唐揚げ、フライドポテトやチーズ焼きのような、高カロリー・高脂肪の肴を注文する方が大半だと思います。
しかも、その後に、猛烈に塩気が欲しくなり、ラーメン屋に直行。餃子やスナックを口にして、飲み会だけで二日分ぐらいのカロリーを摂取する方も少なくないのではないでしょうか。

その点、蜂蜜酒は糖度が高く、満腹感を得やすいため、唐揚げやポテトフライのようなボリュームたっぷりの肴を際限なく食べることがありません。糖度だけで気持ちも落ち着いて、余計な食欲を抑える働きがあります。

また、甘党で、夕方から夜にかけて、ケーキやクッキー、チョコレートなど、甘いお菓子をついつい口にしてしまう方も、代わりに蜂蜜酒を飲んでみてください。
アルコールと相成って、あっという間に満たされ、衝動食いを抑えるのに役立つと思います。
ビールやワインはかえって食欲をそそりますが、蜂蜜酒は「少量で満足感が得られる」という点で、身体にやさしいお酒といえます。

(4) あわててボトルを空ける必要がない

蜂蜜酒は常温で長期保存が利くことから、あわててボトルを空ける必要がありません。

ビールや発泡酒の場合、一度、開栓してしまうと、短時間で飲みきらないといけないし、ワインもせいぜい2~3日ですね

「もったいない感」から、それほど欲しくないのに、つい一杯飲んでしまう。ついでに、肴もぽりぽり。これは飲み過ぎとカロリー過剰摂取につながります。

その点、蜂蜜酒は、味落ちや品質低下を気にすることなく、ちびちび飲み続けることができるので、節制に適しています。
「ちょっとお酒が欲しいな。でも、飲み過ぎが気になる」という方におすすめです

Q. どんな肴が合いますか

これはテキストブロックです。このテキストを変更するには編集ボタンをクリックしてください。Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Ut elit tellus, luctus nec ullamcorper mattis, pulvinar dapibus leo.