Morskie Oko ~海の瞳~ ポーランド・タトラ山脈の湖

ポーランドとスロヴァキアの国境にそびえる雄大なタトラ山脈。
ザコパネと呼ばれる麓の小さな町は、今や世界中から観光客が訪れるポーランド屈指の山岳リゾートです。
2000m級の山々が連なるタトラ山脈ですが、スロヴァキア側の風景が険しく男性的なのに比べ、ポーランド側は女性的。表情豊かで優しい印象を受けます。
ザコパネも見所がたくさんありますが、代表的なのが「海の瞳」を意味する Morskie Oko(モルスキ・オコ)。
火山によって出来たカルデラ湖の一種ですが、その神秘的な青色は「海の瞳」の名にふさわしく、胸に染み入るような美しさです。水が透き通るように澄んでいて、魚が元気に泳ぎ回っていました。
写真はモルスキ・オコからさらに200mほど登った所にある、「Czarny Staw pod Rysami」というカルデラ湖畔から撮影。

Morskie Oko モルスキ・オコ

湖面に映える黄葉の山。
平原の国ポーランドとは思えない、優美な山並みが素晴らしい。

湖と山

こちらも黄葉に変わりつつある山肌。
「黄金の秋」と呼ばれるように、黄金色の木々はポーランドの秋の象徴です。

湖に映える黄葉

鏡のように澄み切った水。見る角度によって様々な色に輝きます。
水の美しさを守るため、湖一帯は遊泳および釣り禁止。
車両制限もあり、観光客は駐車場から2時間余りかけてMorskie Okoに続く山道を登らねばなりません。
(以前は湖の側まで一般車両が入れたそうですが、公害が進んだため、現在は完全にシャットアウトされています。)
歩くのがしんどい人や子供には、片道30ズオティの馬車もあり。
私も時間節約の為、往路は馬車を使いました。

透明な水面

山肌からは自然な湧き水が小さな流れを作って、湖に注いでいます。
雪解けの頃は特に水の量が多くなります。
飲み心地も抜群で、硬質な舌触りです。

山の上から注ぐ水

湖の入り口には、宿泊所を兼ねた小さなロッジがあります。
軽食もサーブしています。
写真は、ロッジ付近の階段を下りたところ。
湖畔にはいつもたくさんの観光客がくつろいでいます。

湖のほとりのロッジ

Morskie Okoから、さらに200mほど登った所にある小さなカルデラ湖、「Carny Staw pod Rysami」。
こちらも恐ろしいほど水が澄み切って、妖しいほどでした。
ものすごい岩場の急斜面を登らねばならないので、ここまで足を運ぶ人も少ないようですが、一見の価値あり。
山道はさらにこの岩場を越えて、2499mのRysyと呼ばれる山頂に続きます。
ここからは本格的な登山家向きのルートになります。

Carny Staw pod Rysami

※ YouTubeより

ロケーション

詳しいインフォメーションはこちら

http://www.zakopane.com/
http://www.zol.pl/

写真撮影:2003年秋

【追記】 Morskie Okoのトレッキング

Morskie Okoは私も何度も訪れていますが、ザコパネ屈指の観光名所だけあって、バス、食事処、土産物、パーキングと、観光インフラは整っています。しかし、トイレだけは期待しないで下さい。山小屋レストランを除き、トイレはToi Toi(ドッポン式の簡易トイレ)しかありません。手洗いもなければ、トイレットペーパーもない、観光シーズンは夏の熱気もあって、なかなか麗しい状態になっています。日本の清潔なトイレになれきっている人は、大量ティッシュ+抗菌グッズ必須です。

マイカーでも、市営バスでも、Parking Łysa Polanaが出発点になります。

駐車場には、スタンドバー、売店、トイレ、手洗いなどがあるので、山登りに必要な飲料水やスナックは購入できます。
時期によっては、雨合羽や傘などもあります。

morskie oko モルスキィ・オコ 登山ルート

Morskie Oko ~海の瞳~  ポーランド・タトラ山脈の湖
最新情報をチェックしよう!
>京都はちみつ専門店ミール・ミィ

京都はちみつ専門店ミール・ミィ

京都・三条河原町の老舗・はちみつ専門店。
グリーンのショップカラーが可愛いお店です。
店内にはカフェもございます。どうぞお気軽にお立ち寄りください!

CTR IMG