Pieniński 国立公園 リバークルーズ

ポーランド最大の山岳リゾートZakopane(ザコパネ)に連なるPieniński (ピエニンスキ)国立公園は、なだらかな山々と清澄なDunajec(ドゥナエツ)河の景観が美しいレジャースポットです。

観光の目玉は『Spływ Dunajcem』と呼ばれるリバークルーズ。

ポーランドとスロヴァキアの国境にまたがるDunajec河を、木製の筏に乗ってゆったりとクルーズします。

ヨーロッパ一美しいと言われるDunajec河の爽やかな魅力を満喫してください!

クルーズに関する詳細はこちら

http://www.flisacy.com.pl/page,15

料金表はこちらです。大人44PLN、子ども22PLN ~。
http://www.flisacy.com.pl/page,16

2時間15分の短距離コース
SZCZAWNICA – długość trasy ok. 18 km, czas trwania spływu ok. 2 godz. 15 min

2時間45分の長距離コース
2. KROŚCIENKO – długość trasy ok. 23 km, czas trwania spływu ok. 2 godz. 45 min.

ギャラリー

本の観光ガイドブックには載っていない、地元の隠れた名所、Pieniński国立公園。
ポーランドとスロヴァキアの国境に位置するDunajec川を筏で下るリフティングが観光の目玉です。
所要時間は2時間30分ほど。距離は約23㎞。
お値段の方は55ズロチ(’03年当時)とかなり高値ですが、それだけの価値があります。
漕ぎ手は男性二人で、棹をさしながら、ゆっくり川を下っていきます。
これは棹を片手に見所を説明している場面。

川下りのガイドさん

川の水も綺麗で、あちこちに釣り人の姿が。
16種類の魚が生息しているそうですが、中でも価値が高いのがニジマス。
私も、塩焼きにしたのや、中華風あんかけで頂きましたが、コクがあって、とても美味しかったです。

雄大な河川と釣り人

「おじいさんと三人娘」と呼ばれる風景。
真ん中がおじいさん、両端にいるのが太ったお姉さんと、額の剥げた妹だとか・・・。
なんのこっちゃ、です。

三つの山

突き出た断崖には登山用の山道があって、この日も何人かの登山客の姿が見えました(写真では分からりませんが)。
ここから見下ろせば絶景でしょうね。

断崖絶壁をのぞむ

川向こうに見えるのはスロヴァキア領です。
川がちょうど国境の役割を果たしているのです。
両国にまたがる橋も無く、まさに「境目」といった感じ。
でも深さ1mもない浅い川なので、ザブザブ歩いて国境越えができます。
釣り人の中には、ちゃっかり川を渡って、向こう岸のBarで一杯引っかける人もあるのだとか。
(スロヴァキア貨幣の方がちょっぴり弱いので、酒代が浮くらしい)
特に警備隊も配置されてないので、フリーゾーンですよ、ここは_(‥

対岸のスロヴァキア領

山間の静かな川の流れ。
時折、山の中の歩道を行く人が「アホーイ!(ハロー)」と声をかけてくれます。

すれ違う筏

散歩道に位置するパスポート・コントロール。
川沿いの遊歩道はポーランドとスロヴァキアにまたがっている為、EU加盟前はパスポートが必要だったのです。(EU加盟後はパスポート不要。写真は加盟前のものです)
左側がポーランド領、右側がスロヴァキア領です。
さすが地続きヨーロッパ。
日本では考えられない光景ですね。

※ EU加盟以前の風景です。現在、この管理事務所は閉鎖され、フリーパスになっています。

EU加盟前のパスポートコントロール

別の角度から見た所。
手前がスロヴァキアで、紅白ポールの向こう側がポーランドです。
パスポートを忘れたら、そこから先は通してもらえません。(EU加盟前の話)
日本人が「外国に行く」といったら、それこそ海を越え、山を越えの大騒ぎだけど、ここじゃ散歩がてらに「スロヴァキアに行ってくるワ」。
汎ヨーロッパ思想が生まれるわけです……。

EU加盟前のパスポートコントロール

※ YouTubeより

雄大な自然が感じられる、ダイナミックな4K映像です。

こちらも雄大な川下りのライブ感が楽しめますよ。ここは何度もポーランド領とスロヴァキア領を行ったり来たりするので面白いのです。

ロケーション

川下りのガイドさん
最新情報をチェックしよう!
>京都はちみつ専門店ミール・ミィ

京都はちみつ専門店ミール・ミィ

京都・三条河原町の老舗・はちみつ専門店。
グリーンのショップカラーが可愛いお店です。
店内にはカフェもございます。どうぞお気軽にお立ち寄りください!

CTR IMG