標高1500に位置するポプラドスキ・プレセ。
タトラ山脈に数ある火山湖の一つで、最もポピュラーなStrbske Presoシュトルプスケ・プレソ湖から始まるトレーラーの終点にあります。

ここで紹介しているのは、シュトルプスケ・プレソ湖を始点とする有名なトレーラーと、トレーラー終点にあるポプラドスキ・プレセ湖から更に1時間登った山頂(上級者向けの急斜面)から見た風景です。

地図で「10」の赤い印ある付近にあるのがStrbske Presoシュトルプスケ・プレソ湖。
黒線がハイキング・トレーラーです。クリックすると拡大します。

公式サイト http://www.tatry.sk/maps/6

スロヴァキア・タトラ山脈の西側に位置するポプラドスキ・プレセ。
白く見えるのは、表面が完全に凍り付いているから。
気温は0度~マイナス3度前後でした。
右手の建物は、奥タトラの拠点の一つであるホテル兼レストラン。
山のさらに奥深く、はるか頂を目指す人は、ここで一泊し、早朝にアタックするのが通例。ホテル内にはサウナもあって快適です。
本当にタトラ山脈を極めようと思ったら、ホテルや山小屋を利用して、2~3日がかりで楽しむのがベストかも。
ちなみに、山伝いに国境を超えることはできません。
そこはちゃんと山道が途切れて、不法侵入できないようになっています。
話によれば、一箇所だけ、ポーランド=スロヴァキアが開通している道があるそうですが、麓から歩けば2日はかかる、山奥のさらに奥。
普通の登山客にはとても踏破できる距離じゃないです。
でも、遠い昔には、歩いて山上の国境を越える人があったかもしれません。
まるでサウンド・オブ・ミュージックの世界です。

Popradske pleaso ポプラドスキ・プレセ

夕刻、湖を別の角度から見たところ。
凍結した湖からは、「ピシッ」「バリバリ」という、氷がきしむ音が聞こえます。
日本でも「神の御渡り」として知られています。
気温の変化が激しい時は、凍った水面に一直線に亀裂が走ることがあります。

Popradske pleaso ポプラドスキ・プレセ

初心者から上級者まで楽しめる登山道。
足元に雲が広がる、素晴らしい眺望です。

Popradske pleaso ポプラドスキ・プレセ

険しい山脈。

Popradske pleaso ポプラドスキ・プレセ

頂上付近から見た雲海。

Popradske pleaso ポプラドスキ・プレセ

ロケーション